2010年08月27日

おわりまして

そういえば最新の写真撮ってないなぁ。

あ、RMCRに参加された皆様お疲れ様でした。去年より快適に参加できた印象があります。(私の体調的なものもありますが)

私は一応完走したのですが、2走目で白黒反転部分でクランクと勘違いして落ちてしまいました。
速いスピードで試していない(スペースの都合で試せなかった)ので、デバッグが足りませんでしたね。
しっかり対策しておけば、2走目のスピードであればギリギリ決勝トーナメント行けたかなというところだったのですが、一緒に走った能登半島最先端技術者さん共々ギリギリで予選落ちしてしまいました。

予選1回で、先読みセンサに足が接触してしまうハプニングもあったのですが、無事修正して乾燥することができました。
ただ、調整の時からなかなかコーナースピードが上がらなかったり、速度制御関連を一新した際に結構ギアボックスに無理がかかり、ベアリングが3つ崩壊してしまいました。
重かったり、タイヤ経がデカ過ぎたりするのもあるんじゃないでしょうか。やっぱり。ほとんど直線速度の設定が意味なかったですし。
連続カーブやスネークロードも調整する環境にしていなかったので、やはりぎこちない動きでした。
新しいステアリングモータも注文したり、回路の完全自作も考えています。来年も頑張りたいけれど、時間あるかなぁ。
前日の調整でeneloopがショートしてしまったのはいい思い出。(未だに原因不明だけれど、おそらく電池の皮膜に傷がついたんだろうなぁ。もったいない。

改めて、ニカド電池が一番使いやすいと思った次第。あとでもう1パック作っておこうか。


さて、現在ROBO-ONE会場へ移動中です。私も参加します。グダグダな状態ですが、とりあえず頑張ってきますよ。
posted by Tmk at 14:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | MCR・活動記録
この記事へのコメント
RMCR大会を見学していた者です。
決勝トーナメントに進出できず残念でしたね。
今年は反転部分の走行が気になったのですが、思った以上に脱輪しているマシンが少なかったように思えます。将来、高校生の大会にも取り組まれると思います。
あとですが、今年の大会で気になったのは棄権者が多かったとような気がします。120台いるはずなのにエントリーは100台ほどと一台での走行者が目立ちました。それをみる限り80台ほどしかいなかったようにみえましたのと、昨年よりコース長もかなり短くなり、トーナメントでの逆走やトーナメントの両者コースアウト後再走が廃止されたの見ると一般大会の規模が小さくなってるような気がしたのは私だけてしでしょうか?一般大会がなくなる気がしてならないのです。
ほかの方も大会がよかったのと言う人が多いのですが、そうなのでしょうか?
Posted by とおりすがり at 2010年08月30日 07:19
コメントありがとうございます。

大会の運営は、参加者への配慮が増してよくなっていると思います。試走コースはなくなってしまったのですが、その分参加者スペースが広く取れましたし、その分前日に試走が追加されて、本番のコースで調整できるようになりました。

人数、規模の問題ですが、エントリー後〜大会前までの棄権と、当日の棄権と合わせて人数が多くなってしまうことは残念です。直前に出てしまうトラブル等も少なからずあるので、そこは参加者の技術向上に期待する他ありません。

周回コース、再走等は、一番の理由として「時間」があります。
昨年度の80mのコースでは、特に決勝トーナメントでかなりの時間を必要とされます。(終了予定時間もオーバーしていました)完走者が多ければそれだけの時間が必要なわけで。
会場が会場なので、借用できる時間もありますし。おそらく今年の方式で安定すると予想されます。
少なくとも、消極的になったからというわけでは無さそうですよ。
Posted by Tmk at 2010年08月31日 09:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40390971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック