2010年05月02日

ルールに変更についてもう少し

http://ping.i-know.jp/ に通知設定をしたから、もう少しタイムリーにアンテナに反映されるはず…。
いや、前回の更新が全然通知されなくてさ。サークルのアンテナも通知されなんだ。
 

※2010/05/02 23:11追加
なんかアクセス数跳ね上がってビビりまくったので、わかっているとは思いますが一応。
これは一参加者の見解です。よって、公式との見解のズレが有る可能性があるので、鵜呑みにしないようお願いします。「おさらい」の部分は事実しか書いていない…ハズです。
 
 

ルールについて前回のおさらいをすると、
・白黒反転区間、中心線なし区間追加(コース中にどちらか一方)
・ルネサスエレクトロニクス社すべてのマイコン使用OK
・上記どちらのルールも、高校生大会に適用するとは書いていない(高校生大会のマイコンについては従来のに追加して、R8C/35かR8C/38が使用された指定マイコンボードになるとの発表あり、競技規則に大きな変更はないとのアナウンスも)
 
ということです。
大会数の減少で大会の雰囲気も忘れかけている今日この頃ですが、ルールをよく知っておかないと話にならないので、少し読み返してみました。競技方法が最近ちょこちょこ変わっているので、そのへんもしっかり読み返してみる。
 
 あとひとつ気になるところが、マシン規格の
 

(1)参加者が独自に製作した完全自走式マシンとし、ルネサス エレクトロニクス株式会社製(旧NECエレクトロニクス株式会社、旧株式会社ルネサス テクノロジ含む)のマイコンで制御されたマシンとする。
 
と書かれているところ。ちなみに今まで(下記のは去年度のAdvanced Classの部競技規則より)のが
 
(1)参加者自身が回路や車体を製作し、プログラムを作成した完全自走式マシンとし、指定部品が使用されているマシンとする。

 
でした。「指定部品」とは、言うまでもなくマイコンとモータのことですが、「指定部品が使用されている」から「〜のマイコンで制御されている」と改められています。
考えすぎなのかもしれませんが、他社のマイコンで一部の制御を行っているとか、CPLD、FPGAなどはどうなるんでしょ。(個人的にこの競技ではCPLDとかFPGAを使ったらある意味負けだと思ってる)
よく分からないんで、そのへんはおいおいですね。私はそんな予定はないのですが、ふと思ったので。 
 

新しく作っているマシンはこれから回路を作るわけなのですが、コネクタが色々足りない…。とりあえず部長さんに頼んだコネクタがあればなんとか作れるんだけれど。忘れられてる気もしなくもない。
ハーフピッチのコネクタ欲しいなぁ。
 
それ以外はモータ、ポテンショの配線も大体終わって、センサアーム等を作っちゃえばとりあえず走る状態になりそう。センサアームどうしようかなぁ。部室にある生カーボンを焼いてみようかなぁ。
ロータリーエンコーダは…とりあえずキットのでいいか。
 
そんなに目新しいことをやるわけではないのですが、私がやったこと無かったことを色々やってみる予定です。
posted by Tmk at 08:56 | Comment(0) | MCR・活動記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]