2010年02月20日

FET(SO-8)について

ラジコンサーボの中や、mini-Z(ミニッツ)なんかだと、電気の流れる方向を変えるための電子部品に「FET」が使われているのは御存知の通り。
マイコンカーでも自作基板の人だと採用率も高いです。何種類かあるわけですが、選定もしなくちゃいけません。
とりあえずNchとPch1個ずつ入ったFETについて、メモ書き程度にデータをのっけて置くことにします。
ちなみにデータの保証はしませんので、詳しくはデータシートを見つけてご確認くださいませ。
ルネサスのFET以外は、すべてDigi-Keyで注文できるもので、単価も 私が確認した時点で(今日)の値段です。
単価割の個数、値段も書いておきました。下の表で書いた単価割引のさらに多い個数では、すべての型番で100個以上で個数割が効きます。値段はDigi-Keyサイトで見てくださいませ。
VGS=10Vの時です。内部抵抗はmax値です。
 
型番メーカ電流Nch内部抵抗Nch電流Pch内部抵抗Pch単価単価割個数備考
FDS8858CZFAIRCHILD8.617-7.320.510896.510 
FDS8958CZFAIRCHILD728-5529279.910 
SP8M4ROHM918-728184159.425保守品、製造中止予定
Si4563DYVishay816-6.625302209251" x 1" FR4 基板実装時
IRF7389PbFIR7.329-5.358119106.210PbF無しは鉛使用品 
AO4616Alpha & Omega8.120-7.12511487.225 
HAT3010Renesas632-576   最近のラジコンサーボなんかに使用
HAT3006Renesas6.545-4.590   少し前のラジコンサーボなんかに使用
 で、きっとNchとPchは組み合わせて使うはずなので、↓のデータも参考になるかもしれません 
型番
メーカ電流値最低内部抵抗合計
FDS8858CZFAIRCHILD7.337.5
FDS8958CZFAIRCHILD580
SP8M4ROHM746
Si4563DYVishay6.641
IRF7389PbFIR5.387
AO4616Alpha & Omega7.145
HAT3010Renesas5108
HAT3006Renesas4.5135
上記は、そのFETの電流の上限(すべてPchとなってしまいますが)と、NchとPch合わせた内部抵抗値の合計です。
そんなわけで私はFDS8858CZを採用することにしました。
結構前に100個買ったのですが、最近の円高で単価も結構下がっているようです。
posted by Tmk at 23:34 | Comment(0) | MCR・理論等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]