2009年09月28日

高エネルギー蓄積物

ある日、あるところのゴミ箱にて。
見覚えの有るサイズの電池を拾いました。
長方形で銀色。それはLAB503759C2と言う名前のリチウムポリマー電池でした。
 
3セルパックが三つありました。
見た目の損傷が一切無いので、とりあえずお持ち帰りしました。
 
その日、部室にて。
セルの端子の保護もクソもない養生テープをはがすと、そこにはことごとくハンダの「剥がれている」配線が存在していました。
少し衝撃が加わっていたら、私のカバンは炎上していたことでしょう…。
アルミをハンダ付けできない人は、おとなしく既製品を買いましょうね。
既製品の方がよっぽどハイパワーなものばかりだよ。
 
 
結論:「バッテリー」というものはナメられているらしい。

 結構二足のプログラミングが進みました。
残すは
・サーボ回転方向の実機確認
・サーボ角度指令方法の変更 
・コントローラのボタンを目標座標として設定できるようにする
の3つ。今週の部会までにできるかしらん。まぁ、宿題もあるし無理しないように頑張ろう。
 
 
マイコンカーはアッカーマンやりたいなぁ。
ステアリングもガッツリ作りたいなぁ。
モーターどうしようかなぁ。
 
そういえば、こんなものがあること知りませんでした。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-01739/
これ使えば、RS-232CドライバICが乗っていない、秋月SHTinyのプログラミングももっと簡単になるなぁ。
ザビエル先輩のマイコンカーに乗ってたやつもこれかも。
posted by Tmk at 00:27 | Comment(0) | MCR以外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]