2006年09月27日

バッテリー比較実験 結果

このほど、バッテリ比較実験の結果が出ましたー。
時間無いので、詳しいことは抜きにして、実験方法、結果と考察を書くことにします。

※10/2日改訂・グラフ改訂済み



・実験方法
 満充電の電池を、1Ω(実測1.4Ω)の抵抗に繋げて、電圧の推移をH8マイコン(マイコンカーラリー指定マイコン H8/3048F-one)でA/D変換して、コンピュータにログを記録しました。

 もちろん、ニッケル水素電池を十分活性化させた後に実験を行っています。


・実験対象
SANYO eneloop Typ.2000mAh min.1900mAh
eneloop


SANYO 2700シリーズ(HR-3UG) Typ.2700mAh min.2500mAh
sanyo_2700


Panasonic HHR-3XP Typ.2600mAh min.2400mAh
pana_2600


HHR-3MPS Typ.(不明)min.2000mAh(※ここでは便宜上「panaloop」と表記します。勝手につけたあだ名なので注意!)
pana_loop


・実験結果
ばーん!

紫:SANYO 2700シリーズ(HR-3UG)
赤紫:SANYO eneloop
赤:Panasonic HHR-3XP(2600mAhなので、pana_2600と表記してます。末尾の"2"は、2回目データと言うこと。掲載にあたって取るのを忘れてました…。)
緑:Panasonic HHR-3MPS(panaloop)



・考察

さぁ、面白い結果になりましたよ?


・パワー部門
HHR-3XP > 2700シリーズ > eneloop > panaloop

・持続時間部門
2700シリーズ > HHR-3XP > eneloop ≒ panaloop

・値段部門
eneloop > panaloop > 2700シリーズ > HHR-3XP


電圧安定時のパワーはHHR-3XPが一番です。
しかし、2700シリーズとTyp,min共に100mAhしか違わないのに、私の測定ではTyp.2400mAh位の時間しか持ちません。(計2回計りましたが結果変わらず。)2回目測定データ適用してませんでした…。値に見合うだけの性能を発揮しております。
2700シリーズは持続時間はNo.1です。


パワーのPanasonic VS 持続のSANYO って感じです。


eneloop VS panaloopですが、eneloopがほぼ全ての点で優勢です。(こちらも2回計りなおしました。panaloopは3回しました)

これは2回目のデータですが、3回目はパワーが下がった分、表記に見合うだけの持続時間でした。(でも100mAhしか違いませんが)
全体通してeneloopの方がパワーが上です。ほんのちょっとしか持続時間は違いませんから、コストの面から見てもeneloopの方が一枚上手のようです。

寿命やタフさの面ではeneloopが良いので、部活とかで何回も実験するときはこっちの方が良いかも。大会は上に書いた高容量タイプの2つのうちのどちらかって事で。


※前回撮った写真は、全部で12本写っていましたが、他は追従できる性能ではなかったので書いていません。
あ、TOSHIBAのはいいところまで行ってたけど。


これを参考にするか否はあなたの自由です。あなたがこのデータを信用して、もし損害が起こったりしても私は責任を負いません。

修正点等あったら、コメントでもしてくだされば嬉しいです。

(他の電池含め)かなりの手間を要したので、これからちゃんとまとめるつもりです。
他の電池データもおいおい公開する予定ですが、これだけは今の内にと思いまして。

GPの2700も測定したかったけれど、簡単に入手できる状況じゃないので割愛。入手できたら是非測定したいです。
posted by Tmk at 04:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | MCR・理論等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1331781

この記事へのトラックバック