2011年09月27日

エンコーダの回路

Portescapのジャンクモータを扱ってた店が秋葉原にあって、エンコーダが搭載されているもののほとんどのモータが外部回路がついていないものでした。↓
CIMG0706.JPG
※詳しい所在は先輩のブログ見てください。

ちなみに↓みたいなモータもありますが、なんかタコジェネか何からしいので注意してください。
この間見に行ったら、ほとんどこのモータだった。
CIMG0714.JPG

これは、RE12(pdf)とか、EX15(pdf)とか、OME-Nモデル(pdf)とかのように、LEDとフォトトランジスタしか搭載されてないエンコーダと同じような仕組みになっていると考えられます。


RE12に似た見た目のRE12Dは過去に書きましたが分解したことがあります。
DSCF2019.JPG
コンパレータを利用した回路みたいです。

また、ジャンクのPortescapモータを先輩が購入した際、回路がむき出しだけど正常に使用できるものをがありました。
CIMG0709.JPG
こういうの。これもコンパレータを使用していました。

こちらの回路はさっきのRE12Dより大きくて、簡単に解析できそうです。
ということでこれを解析。自作してみました。
CIMG0711.JPG
これで無事波形も出ましたよ。

回路図はこちら
※以下の図面のコンパレータ出力からクロスしているところは「・(ドット)」がつく交点です。
その部分だけ未修正ですのでご注意お願いします!(11/10/01)

enc.JPG

一部不可解な部分もありますが、まぁ理解できなくもない回路です。
コンパレータへの入力の−側に約0.05V程度の入力で、プラス側にフォトトランジスタからの入力、p-p値で0.8V程度の振幅があります。

コンパレータのプラス電源は、電源からLEDのカソードを介して接続されてました。

ちょっと部品数ありますが、こんな感じで使えるみたいですよ。


そんな事言いながら、私のマシンに積んでいるRE12エンコーダは、適当に大きな抵抗をフォトトランジスタにつけて、74HC14を通してるだけです。ONとOFFのデューティー比がキレイじゃないのですが、200パルスあるのでそんなに影響ないかなという淡い期待を抱きつつ使ってます。(100パルスと200パルスは値段変わらなかったです。)立ち上がりだけカウントすれば影響は実質無いし。
posted by Tmk at 00:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | MCR・活動記録