2011年08月16日

バッテリー比較実験 eneloop pro

せっかくeneloop proが発売されたので、こちらも比較してみようかなと思った次第。

測定方法は過去と同じです。(これ

DSCF4593.JPG

パッケージはこんな感じ。

DSCF4595.JPG

パッケージ裏側下部には製造日も入っています。

DSCF4598.JPG

色は真っ黒じゃなくて、濃いグレーのような感じ。結構かっこいい。


ちなみに重量
eneloop(光沢なし、最初期)26.4g
eneloop(光沢有り、王冠なし、2期) 25.7g
eneloop pro 29.9g

ってかんじです。最新の王冠有りのやつは持ってないので測定してないです。
ですが確実にeneloop proは重いです。8本にすると電池1本以上重さが違うことになります。


で、結果です
が、eneloop proの測定は終わったのですが、その際に電池ボックスに改良が入りました。
その関係で、過去のeneloopと比較するのはよろしくないのでは?と判断したため、eneloop(白)についての結果は参考程度にお願いします。
後日(Uターン後なので来週あたり)eneloopを再測定する予定です。
eneloopの結果は、過去に測定した結果です。
houden_pro1.JPG


こんな感じで、もちろん放電時間が伸び、それと同時に維持電圧の上昇が認められます。
Ni-Cd電池との比較を行っていないため、どの程度Ni-Cdに肉薄あるいは越しているかは不明ですが、長時間の使用になればなるほど使える電池であると思います。
重量の面から見て、やっぱり調整デバッグには活躍するけれど…といったところかなという私の感想。
入手性も現状のeneloop程ではありません。が、Ni-Cdよりは上でしょう。
posted by Tmk at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | MCR・活動記録