2010年06月11日

LiFe電池損傷

サークルではマイコンカー以外にも相撲ロボットや二足歩行ロボットを扱っていたり、好きなロボットを使っています。ですので、ニッケル水素、ニッケルカドミウム電池意外の電池も取り扱うことがよくあります。
二足歩行ロボットでは、リチウムポリマー電池ほぼ1択状態です。ですが、新しい電池というものには、個人的にも興味がありまして…
 
Adldさんが購入したリチウムフェライト電池。これとほぼ同等品なはず。
アトラスの組電池です。後述しますが、中にはForceMax Lifeの1600mAh2セルが入っていました。
サークルにはリチウムフェライト電池を充電できる充電器が無いので、私が購入した充電器を使って充電しました。
 1回目はほぼ容量通りの容量が充電できたのですが、2回目にはもう1300mAhしか入らず。
しばらく使い続けるものの、容量も改善されず。
 
その後Adldさんはめんどくさいから電源機で適当に充電していましたが、最近2セルのうちの1セルが加熱。充電がうまくできなくなってきたそうな。
充電中に電圧が下がるとかもよくあるとのこと。リチウムポリマー電池では聞いた事ない現象です。
 
で、物好きな私は家に持ってかえって、リチウムフェライトモードでバランス充電していたわけです。
 
 
で、充電中にエラー音がしたなぁと思って振り返ってみたら、その瞬間に
 
「バン!」
 
と音がして、火花(というか火の粉というか)が1個散りました。
速攻で充電器から取り外して玄関にぶん投げました。かなりビビった…。
個人的に、Intellect電池がショートした時の音に似ていたような気がする。
 
後で確認すると…
 DSCF3965.jpg
こんなことになっていました。
 
電池の正極側です。キャップもろとも融解しています。おそらくガスが放出されたのかな。
 
 
 
DSCF3974.jpg
すべて包装をはがすとこんな感じ。
 
 充電初期の状態で容量が減っていたので、購入当初から不良セルだったんじゃないだろうか。たぶん。
 
ということでまとめ。
・ニッケル水素電池パックのイメージが有る人は、持ってみてその軽さに驚くはず。でもリチウムポリマーの軽さには届かない。
・充電状態で不良セルは発熱する。充電中の突然の電圧低下も起こる。
・破裂はニッケル水素電池の破裂程度。火花は散るかもしれないが、リチウムポリマーのような炎上はない。
 
 
ということでレポートしてみたかったので書いてみました。
ちなみにバラしたのはついさっきです。
posted by Tmk at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他・活動記録