2010年02月01日

ずるずる

いつの間にか1月が終わってしまいました。あんまり活動できなかったなぁ。
とりあえず今月も暫く活動は出来ないかもですね。今月後半から…かな。
 
なんか少し前に更新したと思ったんだけれど、どうやら勘違いだったらしい。やっぱり疲れてるのかな。それともダレ過ぎているだけなのかな。
 

HS-7940TGAdldおにーさんがMCR用に買ってました。「2足より合計が安いから良いやつ1個買えるぜー」って言ってたなぁ。
ちなみにスペックは
スピード 0.06 sec/60deg(7.4V)
トルク  16Kg・cm(7.4V)
との事。チタニウムギアでとっても丈夫。ガタも無いから基板取ってアナログセンサ使うのも言いと思うけれど。とりあえずそのまま使うらしい。
 
サンワからも、HVS-ZSなんてサーボも出て、DSJ-1SSなんてサーボも出ていたりしますね。
 
ちなみにRE16で作る自作サーボは、トルク16Kg・cm近くが出て、スピードは0.04 60deg/sec位になります。(ギアヘッド19:1を60:20で減速したとき)
そう考えると、最近のラジコンサーボの出力は恐ろしい…。REmax13程度の大きさのモータなのに…。
 

結構時間が経ちましたが、全国大会に出場された皆様お疲れ様でした。
レポートやマシン紹介、更に大会のビデオも見ました。
 
どのマシンも洗練されていて良いですね…。すばらしいです。
同じようなマシンが多くなってきている中で、どうやって自分の個性を出すかが鍵になってきますね。他と同じようなマシンでは勝てないわけで、確実な進歩も必要です。あぁ、私も高校生の方々を見習わないと。
BasicClassも面白いですね…。差が付きにくい競技で、どうやって相手に勝つか。固定のトレンドが無い中で、マシンを作るのは難しいことだと思います。もう少し枠を増やしても良いんじゃないかなと個人的に思いました。
私もそうなのですが(といって言いのだろうか?)、ものづくりを始めたばかりのころに強烈な体験があると、そこからぐんぐん伸びで行くんじゃないかなと思っています。
やっているうちにいつの間にかハマっていて、大会に出てみたら幸運にも全国大会にいけて…。
何にもとりえが無くて、「大海を知らず」な状態の「大海に出てみた」体験はとっても重要です。なんせ、トップ集団が集まっているわけですから、当時の私にしてみればテレビに出ている芸能人並に憧れの存在な訳です。
地区大会でなんとなく「終わっちゃったね。次頑張ろうね」となると、結構ダラダラしたままになるんじゃないかなーと。まぁそうじゃない例が後輩にいる訳ですが。
 

まぁとりあえずいくつか考えている訳です、モータを変えようかなとか、設計コンセプトを改めようかなとか。どうやら私は2年に1度頑張る変な奴らしいですね。
posted by Tmk at 07:39 | MCR・活動記録